萩原史郎&萩原俊哉 写真教室

風景写真家 萩原史郎&萩原俊哉 写真教室

風景写真家 萩原史郎先生、萩原俊哉先生による写真教室

少人数制で一人一人に寄り添った指導が魅力

セミナーや講習会、RAW現像講座も開催!わかりやすくきめ細やかな指導。じっくりと写真上達を目指したい方にお勧めです。

 

 萩原史郎 写真教室(2泊3日)

◆開催日時◆2018年~2019年

12月17日(月)~19日(水) 「雪と氷に閉ざされてゆく水辺の風景」

1月23日(水)~25日(金) 「霧氷や樹氷 山と水辺の風景」

2月12日(火)~14日(木) 「霧氷や樹氷 山と水辺の風景」

3月5日(火)~7日(木) 「雪と氷が溶けてゆく水辺の風景」

【キャンセル待ち】4月22日(月)~24日(水) 「雪の回廊と須坂高山の桜」

◆定員◆

各回先着8名(最少催行人数5名)

◆参加費◆

2泊3日(4食付) お一人様 58,000円(税込)

*参加費には、宿泊代、食事代、現地交通費、講師指導料、保険料(傷害保険)が含まれます。

*別途入湯税をご1泊につき150円頂戴いたします。

*携行品の保険に加入をご希望の方は別途1000円にて事前申し込みが必要になります。

*宿泊は、相部屋となりますが個室もできます(別途1泊につき3000円)

*樹氷、霧氷撮影のため、1~3月はリフトやスノーモービルを利用します。当日3000円~5000円の追加料金が別途発生いたします。

また、スノーシューを使う際にはレンタルもございます。なお、昼食代は参加費に含まれません。

 

萩原俊哉 写真教室

◆開催日時◆2018年~2019年

1月28日(月)~30日(水)2泊3日コース 「霧氷や樹氷 山と水辺の風景」

2月20日(水)~22日(金)2泊3日コース 「霧氷や樹氷 山と水辺の風景」

3月9日(土)~10日(日)1泊2日コース 「雪と氷が溶けてゆく水辺の風景」

4月20日(土)~21日(日)1泊2日コース 「雪の回廊と須坂高山の桜」

◆定員◆

各回先着8名(最少催行人数5名)

◆参加費◆

2泊3日(4食付) お一人様 58,000円(税込)

1泊2日(2食付)お一人様34,000円(税込)

*参加費には、宿泊代、食事代、現地交通費、講師指導料、保険料(傷害保険)が含まれます。

*別途入湯税をご1泊につき150円頂戴いたします。

*携行品の保険に加入をご希望の方は別途1000円にて事前申し込みが必要になります。

*宿泊は、相部屋となりますが個室もできます(別途1泊につき3000円)

*樹氷、霧氷撮影のため、1~3月はリフトやスノーモービルを利用します。当日3000円~5000円の追加料金が別途発生いたします。

また、スノーシューを使う際にはレンタルもございます。なお、昼食代は参加費に含まれません。

 

スケジュール

【2泊3日コース】

1日目 13:00 宿に集合 → セミナー → 撮影 → 夕食→RAW現像講座

2日目 早朝撮影 → 朝食 → 撮影 → 昼食・休憩 → 撮影 → 夕食

3日目 早朝撮影 → 朝食 → 講評会 → 10:00頃解散

【1泊2日コース】

1日目 12:30宿に集合→セミナー→撮影→夕食→RAW現像講座

2日目 早朝撮影→朝食→撮影→昼食→撮影→講評会→16:30解散

*天候によってはコースを変更する場合もございます。

*各撮影は自由参加となります。お客様の体力に合わせてご参加ください。

 

カメラレンタルもあります

カメラをお持ちでない方は、NikonD750をはじめ様々なボディやレンズを貸出しいたします。(別途料金)

憧れの機材を手に取ってぜひ使い心地をお試しください。

*料金はお問い合わせください

*要予約(ご宿泊の1週間前までにご連絡をください)

予約方法

受付は予約フォーム又はお電話にて承ります。

 

萩原史郎 プロフィール

1959年山梨県甲府市生まれ。「季刊(現在は隔月刊)風景写真」の創刊に携わり、編集長・発行人を経験。

退職後はフリーの風景写真家に転向。

新刊は「風景写真の便利帳」(玄光社)。

日本風景写真家協会副会長、日本風景写真協会指導会長などを務める。

萩原俊哉 プロフィール

浅間山北麓の広大な風景に魅せられて、2007年に拠点を移し、2008年に本格的に嬬恋村に移住。現在自然風景を中心に撮影、写真雑誌などに執筆活動中。ニコンカレッジ講師 日本風景写真家協会(JPSA)

萩原史郎・萩原俊哉 WEBサイト