季節のアクティビティ

石の湯のゲンジボタル

国の天然記念物に指定されている石の湯ゲンジボタル

生息地の中に位置する唯一の宿

目の前に広がる蛍の世界は息をのむ美しさ

今日のホタル

ほぼ毎日ホタルの数をスタッフが観測しております。

今日のホタル

石の湯のゲンジボタルについて

見ごろ
7月上旬から8月中旬(成虫の生息期間は5月末~10月上旬)
観賞場所
石の湯ロッジの前の遊歩道、玄関、お庭など
注意事項
*最盛期にはかなり混雑するのでホタル保護のため、車や通行の規制があります。
*ホタル保護のため、懐中電灯の使用、カメラフラッシュ、三脚の利用、虫よけの使用は出来かねますのでご了承ください。
ホタル

主な特徴は

発生地の標高が高い
標高1600Mの高冷地でホタルが生息できるのは、温泉が流れ込む川のおかげ。石の湯ロッジの温泉も同じお湯を使っています。
成虫の発生期間が日本一長い
5月中旬から9月上旬まで
成虫の寿命が日本一長い
約19日。平均の1.5倍。高冷地で天敵が少ないこともその理由です。
成虫の上陸期間が日本一長い
暖かくなると川の中にいた蛍は地上に出ます。水温の変化が少ないため石の湯のホタルは上陸行動が長くできます。
明滅周期が長い
高冷地の気温のため、ついたり消えたりする時間が長いのです。

ゲンジボタルの豆知識

ゲンジボタルの住む場所
流水、小川、用水路
ゲンジボタルの大きさ
15~20mm
幼虫の食べ物
カワニナ
名前の由来
昔、源氏と平家に分かれていた戦いをしたときに勝った源氏の名を取って大きいゲンジボタル、負けたホタルは平家の名を取ってヘイケボタルと名付けられた説や
光源氏がキラキラ目立っていたのでその名を付けたという説もあります。

ホタルの一生

ホタル

スキー・スノボ・雪遊び

広大なゲレンデ、最高のパウダースノー

宿からスキーブーツを履いてさあ出発!

ゲレンデまで送迎車でひとっとび

また宿の前で、カマクラや雪だるま作りも楽しい!

知る人ぞ知る元石の湯ゲレンデ その魅力にはまる人続出

スキー
期間 11月中旬から5月上旬*降雪次第
アクセス 熊の湯、横手山スキー場 送迎車5分
高天原、一ノ瀬スキー場 送迎車15分
焼額山方面 送迎車20分
レンタル スキー、ブーツ、ストック、スノーシュー、そり
*オプション 横手山スノーモンスターナイトツアーも大好評!

スキー場送迎案内


*事前予約制 ご予約はホールにある送迎表にてお願い申し上げます。

*曜日、天候にも左右され変更する場合がございます。

*下記時刻は2022年4月4日までのダイアとなります。4月5日以降は後日ご案内いたします。

熊の湯スキー場
お迎え場所 熊の湯ホテル看板前
お送り時間 8:30 8:50 9:10 10:00 11:30
お迎え時間 13:05 14:05 15:05 15:35 16:05 16:35
熊の湯スキー場
横手山スキー場
お迎え場所 横手山リフト第一リフト前バス停
お送り時間 8:30 8:50 9:10 10:00 11:30
お迎え時間 13:00 14:00 15:00 15:30 16:00 16:30
横手山スキー場
山の駅(ジャイアントスキー場、西舘スキー場方面) 
お迎え場所 志賀高原リゾートゴンドラ乗り場
お送り時間 8:30 9:10 10:00
お迎え時間 14:35 16:05
山の駅
蓮池スキー場
お迎え場所 蓮池スキー場駐車場
お送り時間 8:30 9:10 10:00
お迎え時間 14:40 16:10
蓮池スキー場
高天ヶ原スキー場
お迎え場所 高天ヶ原陸橋下
お送り時間 8:30 9:10 10:00
お迎え時間 15:55
高天ヶ原スキー場
一ノ瀬スキー場
お迎え場所 一ノ瀬ダイヤモンドレストハウス前
お送り時間 8:30 9:10 10:00
お迎え時間 15:50
一ノ瀬スキー場
焼額山スキー場
お迎え場所 焼額第2ゴンドラ
お送り時間 8:30 9:10 10:00
お迎え時間 15:45
焼額山スキー場

アウトドアスクール ダイアモンドダスト

石の湯ロッジに拠点を置いているアウトドアスクール

自然のまま雪山を登って滑るテレマークスキー

バックカントリーツアーも行っています

グリーンシーズンはトレッキングツアーや野遊びプログラムも充実!

ダイアモンドダスト

お問い合わせはこちら

ダイアモンドダスト